Home / インター店ブログ / インターペポニブログ / 苦節6年のハイクオリティレオパ!@インター爬虫類
6月 21, 2020

苦節6年のハイクオリティレオパ!@インター爬虫類

Posted in : インターペポニブログ, インター店ブログ on by : インター店 ペポニコーナー

【2020年6月21日】
こんばんは。
ケマイマイ稲村です。

 

 

 

【おねがい】

皆様、ご理解とご協力を
何卒よろしくお願い致します。

 

 

 

【営業時間変更のお知らせ】

明日6月22日(月)より、
通常営業に戻ります。

平日   12:00~20:00
土日祝日 10:00~20:00

 

皆様、ご協力ありがとうございました。

 

 

 

さて、本日も新着生体を紹介していきます!!
その他にも【Twitter】【まねーじゃーブログ】でも新着生体を紹介することもあるので、
そちらもチェックしてくださいね♪

 

 
本日はブリーダー RHOLIC の苦節6年の力作のレオパがついに当店にてファーストリリース!!

ハイスペックルドスーパーマックスノー het.マーフィーパターンレス poss.het.ブリザード 国内CB’20(仮称 スサノヲ)
(RHOLIC様のもとでは当系統をスサノヲと名付けておりますが、ここでは仮称とさせて頂きます。)


今までスーパーマックスノーを選ぶ際、多くの方がスポットの大きさや多さに着目してきたと思います。
特に初めて飼育される方や鑑賞が楽しみな方にとっては、選ぶ際には特に重要なポイントです。
通常のスーパーマックスノーであれば、まさにゴマ粒の如きサイズのスポットがまばらに散るものでした。
ですが、この系統では微小な鱗1枚のみに黒が入ることもあり、
拡大すると、画素数が追いつかなくなっているのではと思うほどのきめ細かさに驚かされます。

スポットというよりも、ピグメント(粉末状の顔料)やパウダー(粉末)といったほうが正しいかもしれません。
この細かさに黒だけでなく、グレーなどの色の濃淡も重なり、御影石のような神秘さを秘めています。

ヒョウモントカゲモドキを繁殖させている方は重々承知されていることかと思いますが、
この形質を狙って繁殖させることは並大抵ではありません。
ですが、この形質を狙って作出することにブリーダーであるRHOLIC様は成功致しました。

ヒョウモントカゲモドキの飼育を開始された6年ほど前からきめ細かな模様に着目され、
この系統を生み出してなお検証・考察を続けています。

 
以下の2枚の写真が成体時の姿になります。

 

短報を頂きましたので、下記にご紹介致します。

 

2014・2015年の2年間、当時書籍でも紹介されていたダイオライトがマックスノーに由来する遺伝形質であることを検証するため、
Fig1のダイオライトスノーとマックスノーやスーパーマックスノーとの交配を試みましたが、Fig1のようなダイオライトの形質は次世代に引き継がれませんでした。

しかし、2年間の検証の結果、Fig1の個体がhet.アルビノマーフィーパターンレスであることがわかりました。
『可愛いヤモリと暮らす本 レオパ&クレス(冨水明 著)』の中で「パターンレスのヘテロはスポットが細かく密に入る(P29)」と述べています。
そこでダイオライトはマックスノーに由来するものでなく、het.マーフィーパターンの条件下で発現する遺伝形質ではないかという仮説に行き着きました。
そこで2016年にFig1とFig2のトレンパーアルビノマーフィーパターンを掛け合わせたところ、Fig1の形質が受け継がれたFig3の個体が得られました。


さらに2018年にFig1とFig3を掛け合わせたところ、Fig4の目に変異を持った『特別』な個体を得る事ができました。


ダイオライト同士の交配から得られた特別な形質をもったFig4は、ダイオライトのホモ体ではないかという仮説を立てました。
そこで2019年はFig4の個体とFig5のスーパーマックスノーマーフィーパターンレスとの交配を試みました。

結果はFig6に示すように得られた全ての個体が『スポットが細かく密に入る』表現でした。

 

(以下が考察・交配の図になります。)
※簡略図(稲村作)



 

以上が頂いた短報になりますが、「今後も引き続き検証・考察を続ける」との力強いお言葉を頂いております。
私自身、RHOLIC様が飼育を初めた頃から懇意にさせて頂いておりましたが、
このような研究熱心な方が仮説から結果を導き出せたことをとても喜ばしく思います。
また、それを当店にて発表させて頂けることに感謝するばかりです。

 

多くのブリーダー様がいらっしゃる、この“ヒョウモントカゲモドキ”という種類。
まだまだ国内でも検証・考察の余地がある奥深さを秘めた生き物です。

 

 

本日はここまで。

インター店ペポニ新着生体入荷情報コチラになりますので、チェックです!
気になったらまずは【お問い合わせ】してくださいね♪
皆様のご来店、心よりお待ちしております♪

 

 

 

では、また。